独立も視野に入れる

Webデザイナーなど、ホームページの設計や管理が出来るグロースハッカーという仕事が今、注目を浴びています。
あまり聞きなれない職業ですが、どのようなことをするのでしょうか。

グロースハッカーとは、企業を急成長させることが出来る人、という意味だそうです。
つまり販売をしている企業の場合、短期間、短時間で顧客を拡大させることが出来たり、販売実績を上げることです。
これは簡単そうですが難しそうだ、と感じる人も多いのではないでしょうか。
たしかに短期間や短時間で成果を上げるのは難しいことだと思います。
成果を上げるには、その企業にどのような魅力があるのかを知っておかなくてはいけません。
また商品のターゲットになる顧客層も把握する必要があります。
これらの判断は、今までの経験と知識、また社会の情勢なども分かっていないと難しいかもしれません。
そして短時間でサイトを変更したり、修正する技術も必要になってきます。
結果を早くに求められる仕事ですから、仕事の評価も早くに出ます。

今までにもグロースハッカーとしてではないが、同じような条件で成果を上げてきた経験がある人は、これからグロースハッカーとしてフリーランス、個人事業主として活躍することも出来るのではないでしょうか。
個人事業主になるには開業届が必要になりますが、難しいことではありません。
ある程度の収入が見込める場合は個人事業主として開業届を出し、個人事業主として税金を払うようになっています。
保険や年金なども個人事業主向けのものがありますので、収入に合わせて相談すると良いと思います。
仕事が増えたり、また一人では仕事が処理しきれないようであればチームを組んだり、雇用することも考えられますが、グロースハッカーに向いている人は自分一人で仕事をしている人が多いようです。

Leave a Comment