まずは信用が大切

データベースエンジニアに求められているものは何でしょうか。
企業にとっては心臓部でもある顧客情報や商品情報の管理や検索を任せることになりますので、信用がなくてはいけません。

この信用があるのと無いのとでは、スリーランスで働くときに大きく影響してきます。
では信用はどのようにすれば得ることが出来るのでしょうか。
もちろん、安心で安全なデータベースシステムを構築することが大前提にあります。
更に企業側、顧客が求めている以上の内容のもの、将来的にストレスなく使うことが出来るように考えて構築されたものであることは大切です。

そしてデータベースシステムを構築する速さも必要になってきます。構築だけではなく、修正などの対応も素早くないといけません。
データベースシステムの修正が必要な時は、企業や顧客の経営変化によるものが多いのですが、トラブルの時も多いからです。
トラブルは予測できませんから、即対応が必要になります。
その時に企業や顧客先に出向いて修正作業をしなくてはいけない状況であった場合、移動の時間がかかってしまったり、連絡をうけた時間や場所によっては出向くことが難しいことも想定しておかなくてはいけません。
このような時にデータベースシステムにもよりますが、遠隔での操作が可能であればかなり素早く対応が出来るようになります。

ですが離れたところから遠隔で操作することは、企業や顧客にとって不安になるものですから、ここでデータベースエンジニアの信用が大切になってくるのです。
データベースエンジニアは、企業や顧客の心臓部を扱っているという意識を強く持たなくてはいけないのではないか、と思います。

またこの信用がフリーランスの場合、次の新しい仕事に繋がっていきますので、特に慎重にならなくてはいけないポイントではないでしょうか。

Leave a Comment